Galaxy S10/Plus発売日(発売予定,発売時期),価格,スペック,最新情報

Galaxy S10が発売されるまでにはまだ時間がありますが、
もう次世代ギャラクシーフラグシップフォンに
関する噂や情報が漂っています。これからそれらを
まとめてみます。
(最新情報が入り次第、内容が更新・追加されます。
下へ行くほど最新情報です。)

 

 

 

Samsung Galaxy S10/Plus(サムスン・ギャラクシーS10/プラス)の名前

 

 

 

普通に考えれば現フラグシップフォンがGalaxy S9/Plus
ですから、次世代フラグシップスマホはGalaxy S10/Plusで
当たり前とも言えそうですが、SamsungがGalaxy S10ではなく
Galaxy Xという名を用いるという噂が流れています。
理由は勿論、最大のライバルであるAppleの
iPhone Xを意識したから、だといいますが・・・
さすがにそこまで露骨にするでしょうか?
それでGalaxy XがiPhone Xより
凄かったらそれはそれなりにいい戦略かもしれませんが。
でも、数字が二桁になるとインパクトが弱くなるから、という
理由には納得させられます。どうせアップルのように
Galaxy Xと書いて「ギャラクシーテン」と読めば良い話ですし。
そしてもしかするとGalaxy Xはサムスンが用意しているという
「畳めるフォルダフォン」になるかもしれません。
Galaxy XはGalaxy Sとは違う、画期的で性能の優れた
上位モデルになるかもしれませんね。

 

 

 

Samsung Galaxy S10/Plus(サムスン・ギャラクシーS10/プラス)のディスプレイ

 

 

 

Samsungは初代Galaxy SからSUPER AMOLEDという
有機ELパネルを採用しており、少しずつ短所を
改善してきました。その結果、今は世界最高レベルの
OLEDスクリーンパネルを自社のフラグシップフォンに
装備出来るようになっています。
ですので、今まで発展させてきたOLED技術を
Galaxy S10で放棄するはずはないと思います。
当然SUPER AMOLED有機ELディスプレイが再びGalaxy S10に
採用されるでしょう。
画面サイズはデザイン上の変化が見られるとは思えないため、
Galaxy S8やS9と同じ5.8インチ/6.2インチ
(Plusモデル)になると予想されています。
従って解像度も2960*1440ドットを維持するはずです。

 

 

 

Samsung Galaxy S10/Plus(サムスン・ギャラクシーS10/プラス)のスペック(仕様)・プロセッサー

 

 

 

Galaxy S10に最新鋭プロセッサーであるSnapdragon 855
(スナップドラゴン855)が内蔵されるのはほぼ間違いありません。
Snapdragon 855チップは初7nm工程で作られており、
電力効率が非常によく、Qualcomm(クアルコム)の
最新技術が全て盛り込まれているといいます。
またオクタコアであり、クロックスピードは3.0GHzを
超えると思いますが、性能の向上よりも電力効率を
重視すると思われるため、パフォーマンスの
大幅なアップは見込めなさそうです。

 

 

 

Samsung Galaxy S10/Plus(サムスン・ギャラクシーS10/プラス)のメモリ容量

 

 

 

Samsungは既に第2世代10nm工程をベースとした
LPDDR5メモリを採用しており、効率が15%、
性能が10%増したといいます。Galaxy S10、又は
Galaxy XにこのLPDDR5メモリが採用されると思われます。
そして容量は8GB RAMが有力です。

 

 

 

Samsung Galaxy S10/Plus(サムスン・ギャラクシーS10/プラス)はサムスンが作った初5Gフォンなるか?

 

 

 

Samsungは今までずっと5G通信ネットワークを
宣伝してきました。5G接続が可能になれば
違う国の人とのビデオチャットも滞りなく
スムーズになるはずです。
また、サムスンは5G通信が可能なスマートフォンを
公開すると話したこともあります。そのスマホが
Galaxy S10である可能性は少なくありません。
Galaxy S10(X)に内蔵される見込みのSnapdragon 855にも
初5G対応モデムであるSnapdragon X50があります。
従ってGalaxy S10からは一層快適なデータ通信を
利用できるようになると思われます。

 

 

 

Samsung Galaxy S10/Plus(サムスン・ギャラクシーS10/プラス)のカメラ

 

 

 

SamsungはいつもトップクラスのカメラをSシリーズに
装備してきましたし、S10もそうなると思います。
最新情報によると、Galaxy S10の背面カメラは1600万画素、
前面カメラは800万画素だそうです。勿論LEDフラッシュ、
オートフォーカス、顔認識、オートHDRなどの機能が付いており、
4K動画の録画はよりスムーズになるといいます。

 

 

 

Samsung Galaxy S10/Plus(サムスン・ギャラクシーS10/プラス)のOS

 

 

 

一番予想しやすい部門です。勿論OSはアンドロイドで、
発売当時に最新バージョンとなるであろう、Android 9.0が
搭載される見込みです。そして勿論、Samsung独自の
TouchWiz UIも付いてきます。最近のTouchWiz UIは純正に
近いデザインなので、他端末から移ったユーザーも
違和感は少ないと思います。

 

 

 

Samsung Galaxy S10/Plus(サムスン・ギャラクシーS10/プラス)のストレージ

 

 

 

ストレージは基本128GBで、2TBまで容量を増やせる
マイクロSDカードスロットが付いてくるでしょう。

 

 

 

Samsung Galaxy S10/Plus(サムスン・ギャラクシーS10/プラス)のバッテリー

 

 

 

バッテリー容量に関しては、Galaxy S10に4000mAh、
Galaxy S10 Plusに4500mAhが装備されるという噂が
ありますが、重さ(重量)の問題もありますし、
それはあまりにも非現実的かと思います。
Android 9.0と最新スナップドラゴンチップで
省電力性能がアップすると思うので、
バッテリー容量は変わらない確率の方が
高いと思います。

 

 

 

Samsung Galaxy S10/Plus(サムスン・ギャラクシーS10/プラス)の価格(値段)

 

 

 

値段は予想が難しいですが、ギャラクシーS9の価格は
719.99ドル(約7万7千円)、Galaxy S9 Plusが
839.99ドル(約9万円)であり、これはスマホとしては
一番高いプレミアム価格といえます。
画期的な新機能が導入されない以上、
これより高くすることはサムスンとしても難しいと思います。
同じかもしくは少し下がるはずです。

 

 

 

Samsung Galaxy S10/Plus(サムスン・ギャラクシーS10/プラス)の発売日(発売予定,発売時期)

 

 

 

Galaxy S10/Plusの発売日に関する情報はまだ
何もありませんが、それを予想することは
そう難しくありません。
過去のギャラクシーSシリーズの発売日(発売時期)を
見てみますと・・・
Galaxy S5が2014年の4月、
Galaxy S6/Edgeが2015年の4月、
Galaxy S7/Edgeが2016年3月、
Galaxy S8/Plusが2017年3月、
Galaxy S9/Plusが2018年3月でした。
従ってGalaxy S10/Plusの発売時期は
2019年の3月、もしくは4月が有力と言えます。
(最新情報が入り次第、内容を追加していきます。)

 

 

 

***

 

 

 

Galaxy 10(GALAXY X)に3Dセンサーカメラ搭載!?

 

 

 

まだ噂の段階ではありますが、SamsungがGalaxy S10
(GALAXY X/10)に3Dセンサーカメラを搭載するという話があります。
元々2019年/2020年発売見込みのGalaxy S11やS12に
搭載予定だったのですが、Galaxy Sの発売10週年という
象徴性のため、予定が繰り上げになったといいます。
でもまだ技術的に不完全だと感じられれば、
導入は1~2年見送りになるそうです。
また、ディスプレイ指紋認証機能がギャラクシーS10(X)に
搭載されるという噂もあります。
このため米国、台湾の企業と開発が進められているそうです。
まだ研究段階なのでGalaxy Note 9への導入は
無理かと思われます。

 

 

 

***

 

 

 

サムスンがGalaxy S10に搭載される予定の「EXYNOS 9820」
プロジェクトに突入!?

 

 

 

Samsung製品に詳しいツイッターユーザーである「@Ice universe」が
「1月からSamsungはEXYNOS 9820プロジェクトに突入している」と
伝えました。(リンク
ちなみにGalaxy S9, S9+に内蔵されているのは地域によって
Qualcomm Snapdragon 845、もしくはExynos 9810であり、
おそらくGalaxy Note 9にも同じチップが内蔵されると思われます。
Galaxy S10(Galaxy X/10)に搭載される見込みのExynos 9820チップは
Samsungの8nano工程で製造されると予想されています。
現在Samsungは10nano 2世代工程を基盤とした8nano工程(8LPP)
開発を終えた状態で、この8nanoは10nano 2世代工程と比べ
電力効率が10%良いと知られています。

 

 

 

アップデート:「@Ice universe」はExynos 9820だけでなく
Qualcommの5Gチップ(おそらくSnapdragon 855)が
Galaxy S10に搭載される見込みで、両チップとも
7nm EUV工程だとツイートしました。

 

 

 

ま、ツイッターでの話なので確実な情報とは言えませんね・・。
あくまで参考に。

 

 

 

***

 

 

 

ついにフォルダフォン来るか!?

 

 

 

ITメディア、BGRがThe Bellの記事を引用、サムスンが遂に
フォルダフォンであるGalaxy Xを発売予定だと報道しました。
リンク
このフォルダフォンのプロトタイプは既にパートナーたちに
公開されており、3つのOLEDスクリーンを搭載、
画面サイズは3.5インチだそうです。二つのディスプレイが
端末の内側に、残り一つが外側に装備され、フォンを
畳むことが出来るといいます。

 

 

 

***

 

 

 

Galaxy S10のOLEDディスプレイは歴代最高の画素密度を実現!?

 

 

 

SAMSUNGモバイル製品の情報を専門的に扱うITメディア、
SAMMOBILEがIT専門ツイッター、@UniverseIceの
ツイートを引用、「Galaxy S10にピクセル密度が600PPIを
超えるOLEDディスプレイが搭載される可能性がある。」と
報道しました。PPI(インチ内のピクセル数)は
ディスプレイの画素密度を表す単位です。
現在リリースされたOLEDディスプレイは高くても
600PPIを超えません。2960*1440ドット解像度の
Galaxy S9とGalaxy S9 Plusのピクセル密度は
各530PPIと570PPIでした。
一般的に人の目は360~600PPIまで区別できるといいます。
だから600PPI以上の画素数はスマートフォンには
必要ないという指摘もありましたが、最近では
VR(仮想現実)のような新技術を採用するデバイスも
増えたため、高PPIへの要求が高まっています。
噂によると、Samsung Displayは600ppi製品の生産のため
新しい有機材料の選定作業を終わらせたといいます。
ちなみに2015年に発売されたGalaxy S6とGalaxy S6 Edgeの
画素密度は約577PPIでした。
本当に次世代ギャラクシー端末に600PPI以上の
OLEDディスプレイが搭載されればそれは
高精細スマホディスプレイの新しい基準になるかもしれません。

 

 

 

***

 

 

 

ギャラクシーS10にディスプレイ指紋認証センサー導入!?

 

 

 

業界関係者からの最新情報によると、サムスンは
次世代ギャラクシーS製品にディスプレイ指紋認証センサーの
導入を決めたといいます。そのため既にサムスンディスプレイなどの
協力会社と準備に取り掛かったそうです。
匿名の業界関係者は「SAMSUNGがギャラクシーS10に
指紋認証センサーを導入することを決定した。
ディスプレイはSamsung Displayが担当し、センサーは
Qualcomm製になる予定。」と話したといいます。
ディスプレイ指紋認証はセンサーを外部に露出せず
ディスプレイを通して指紋を認識させるのが一番の
課題であり、サムスンはOLEDパネルの裏側に超音波センサーを
配置し、ディスプレイ指紋認証を実現させるつもりだそうです。
Qualcommが超音波式のセンサーを生産し、Samsung Displayが
S10パネルの製造とセンサーの付着を担当する見込みだといいます。

 

 

 

Galaxy S10はサムスンスマートフォンを代表するSシリーズの
10週年モデル。限界を超えるという意味でプロジェクト名も
「Beyond」らしいですが・・・果たして?

 

 

 

***

 

 

 

Galaxy S10搭載予定のEXYNOS 9820のマルチコア性能点数が
2000点を超える!?

 

 

 

IT専門ツイッターユーザーであるアイスユニバースによると、
サムスンの次世代SoCエクシノス9820チップに新しい
Mongoose(モングース)4 CPUが搭載されるといいます。
このSamsung Mongoose4 CPUは最大3.3GHzクロックの
ARM最新A-76 CPUよりも速度が速く、省エネ効率も
高いそうです。アイスユニバースはツイッターで
「EXYNOS 9810のGeekbenchマルチコア性能が11000点なら
EXYNOS 9820は13000点を超えるはず。」と期待を顕にしました。
しかしEXYNOS 9820チップに7nm工程が適用されるかは
不明です。

 

 

 

***

 

 

 

虹彩認証の代わりに3D顔認証採用!?

 

 

 

米ITメディア、PhoneArenaがThe Bellの記事を引用し、
Samsungが虹彩認証の代わりに3D顔認証を採用すると
報道しました。また、サムスンがS10にディスプレイ内蔵型
指紋認証センサーを採用するだろう、とも予想しました。
もしこれが本当なら、前面カメラに内蔵されている
既存の顔認証と虹彩認証機能は除去されるはずです。

 

 

 

***

 

 

 

最新情報によると、Galaxy S10は三つのバージョンで
発売されるみたいです。それはS10、S10 Plus、
そしてフォーダブルフォン(畳むことの出来るスマホ)
になるといいます。当初Samsungにフォーダブルスマホの
発売を急ぐ様子はありませんでした。しかし最近
中国のファーウェイ(Huawei)が11月に
フォーダブルスマホの世界初公開を予定していることが
明らかになり、サムスンも開発を急いでいるようです。
Samsungのフォーダブルフォンは畳めばスマホだけど
広げると7インチくらいのタブレットにもなり得るので
もし何事もなく発売されれば、既存タブレット市場にも
波紋を呼ぶと思われます。
Samsungは世界スマホ市場ナンバー1を誇るメーカー。
しかし最近ではライバルたちの牽制により市場のシェアが
著しく落ちています。中国ではもう1%しかありません。
インドでもXiaomiに1位の座を奪われており、
何か画期的な変革が求まれています。

 

 

 

***

 

 

 

Galaxy Xは2019年のCESで、Galaxy S10はMWCで公開!?

 

 

 

またまたアイスユニバースさんが情報を流してくれました。
フォーダブルフォンであるGalaxy Xは2019年のCESで、
Galaxy S10は従来と同じようにMWCで公開されるといいます。
ツイート

 

 

 

***

 

 

 

ギャラクシーS10プラスにトリプルカメラ搭載!?

 

 

 

Huawei P20 Proがメジャーフラグシップスマートフォンの
中では初めてトリプルカメラを搭載して以降、
他のメーカーもトリプルカメラを採用するという噂が
漂っています。勿論Samsungもそのメーカーの一つ。
最近の噂によると、Samsungは次世代フラグシップフォンである
ギャラクシーS10シリーズ3種の中で一番大きいサイズの
モデルであるGalaxy S10+(仮称)にトリプルカメラを搭載する
予定だといいます。カメラ二つは既存と同じ。
メインカメラは1200万画素でF/1.5&F/2.4、
望遠カメラは1300万画素でF/2.4になるようです。
一番の注目である3つ目のカメラについては、
現在LGやASUSが採用しているのと似ている
超広角カメラになるといいます。この超広角カメラは
1600万画素センサーを搭載しており、レンズはF/1.9、
画角は123度でLG V30と同じ画角だそうです。
また、AF無しで固定焦点方式を採用し、
OISが無いといいます。

 

 

 

でも勿論これらは噂のレベルであり、まだGalaxy S10
シリーズの発売までには時間があります。

 

 

 

***

 

 

 

Galaxy S10にExynos 9820/Mali-G76搭載!?

 

 

 

Galaxy S10(仮称)にモバイルアプリケーションプロセッサー
(AP)Exynos 9820、そしてARM Mali G76 MP18 GPUが
搭載されると、有名ITブロガーであるIce Universeが
中国のソーシャルメディア、WEIBOを通して主張しました。
ARMが今年の5月に発表したMali-G76 GPUはbifrostアーキテクチャーを
ベースとし、既存G72に比べ性能と電力効率が約30%向上し、
マシーンラーニング部分の性能は2.7倍向上したといいます。
サムスンは2015年からライセンス契約を結び、
ギャラクシースマホにMaliグラフィックチップの設計を
そのまま適用してきましたが、Apple Aシリーズや
Qualcomm adrenoシリーズと比べるとMali GPUの性能は
劣るという指摘がありました。
しかしMali-G76 GPUの性能向上が確かなら、そして
報道通りこれが次世代ギャラクシーフォンに内蔵されるのなら、
そのような批判は以前よりは少なくなる見込みです。

 

 

 

一方、Exynos 9820チップに関して、アイスユニバースは
2+2+4ダイナミックアーキテクチャー方式を採用していると
伝えました。この新方式は既存ARM BIG+LITTLE技術を
より進化させた半導体設計方式です。
クラスター一つに高性能・低電力コアを同時配置し、
チップ内部に性能向上のための加速器が設置されています。
また、AI専用プロセッサー命令語が挿入されているのも
特徴です。このEXYNOS 9820(エクシノス9820)
チップもGalaxy S10/Galaxy X(仮称)への搭載が
有力だといいます。

 

 

 

***

 

 

 

Business InsiderがTFインターナショナルセキュリティの
アナリスト、Kuo Ming Chi氏の報告書を引用、
2019年に発売されるサムスン・ギャラクシーS10シリーズ
3種のうち上位2種に、「ウルトラソニック指紋認証スキャナー」が
ディスプレイに搭載される見込みだと報道しました。
ギャラクシーS10は5.8/6.1/6.4インチモデルで発売されると
予想されていますが、この中で画面サイズの大きい方である
二つのモデルにFOD(Fingerprint on display)が
内蔵されるといいます。また、一番小さい5.8インチモデルには
指紋認証センサーが筐体の側面に配置されるそうです。
Kuo氏の話によると、このウルトラソニックディスプレイ指紋認証は
Qualcomm(クアルコム)のデザインとソフトウェアを
ベースとしており、台湾GISと中国O-Filmが制作を
担当しているといいます。さらにKuo氏はGalaxy S10が
上位2モデルを中心に4000万台くらい、
Galaxy Note 10の場合、1400万台から1600万台の
出荷が予想されると述べました。

 

 

 

***

 

 

 

GiS、Galaxy S10用超音波式指紋認証センサーを供給!?

 

 

 

台湾の経済日報はFoxconn系列のGiSが
Galaxy S10用の指紋認証センサーをSamsungに
供給する予定だと報道しました。
GiSはタッチパネル技術を専門とする会社であり、
サムスンに供給するのはディスプレイの下に搭載される
内蔵型超音波式次世代センサーだといいます。
GiSが開発した指紋センサーの中で2世代式である
光学式は既にXiaomi製品に搭載されており、
この超音波式は第3世代式に入るといいます。
そしてこの第3世代方式の指紋認証センサーが
Galaxy S10/S10 Plusに搭載される見込みだと経済日報は
予想しました。
ちなみにGiSは現在成長著しい企業で、2018年新型iPhoneの
6.1インチ型液晶ディスプレイ(LCD)のタッチセンサーも
担当していると言われています。

 

 

 

***

 

 

 

Samsung Galaxy S10にトリプルカメラが装備されるという
最新情報がネットに流れています。
リークされたのはこのような図表ですが・・・

 

 

 

 

 

 

メインカメラは1200万画素センサー(1.4umピクセル)で
口径はデュアル(f/1.5-f/2.4)で同じです。
望遠カメラも1300万画素(1.0umピクセル)(f/2.4)で
ほぼ同じですが、超広角カメラが追加されるという
違いがあります。
1600万画素1.0umセンサーにF/1.9口径、画角は
123度だといいます。超広角にはOISが
搭載されていないそうです。
最近4台のカメラを装備したGalaxy A9が
発表されましたが、果たしてギャラクシーS10に
装備されるカメラはいくつなのでしょう?

 

 

 

***






*スポンサードリンク*







最新記事

Samsung Galaxy S10発売日(発売予定,発売時期),価格,スペック,最新情報





*スポンサードリンク*







ガジェットニュース

iPhone XS対Galaxy S9比較:違いは何?どっちがいい?

iPhone XS対iPhone XS Max対iPhone XR比較:違いは?どっちがいい?

Galaxy Note 9対iPhone XS Max比較:違いは何?どっちがいい?

Galaxy Note 9対Galaxy S9 Plus比較:違いは?どっちがいい?

Galaxy Note 9対Galaxy Note 8比較:違いは何?どっちがいい?

Galaxy Note 9レビュー:業界トップクラス

Apple Watch Series 4の全て!価格(値段),スペック(仕様),最新情報

iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRの全て!価格,スペック,最新情報

Surface Go VS iPad 9.7 2018比較

Surface Go VS Surface Pro比較

Surface Goレビュー:遠くにはいけないよ~

Surface Book 2レビュー:現最高のWindows機だけど・・

新型Surface Pro(2017) vs Surface Laptop vs Surface Book比較:違いは?

Galaxy Note 9発表!発売日,価格,スペック,最新情報等

Samsung Galaxy S10の発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

Galaxy S9&S9 Plusの全て!発売日,価格,スペックなど最新情報まとめ!

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

Surface Laptop:至急切り替えよ!

Surface Studio vs iMac 5K(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

Surface Studio:欲しい!超欲しい!けど・・

新型Surface Pro(2017) vs iPad Pro(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

新型Surface Pro(2017) vs Surface Pro 4比較:違いは何!?

新型Surface Pro(2017):気軽にはおすすめできない

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

Sony Xperia XZ Premium:4K降臨!

Sony Xperia XZs:そこまで変わってはないけど

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Galaxy S8/Plus:爆発する?しない?

LG G6:基本に戻って

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

全体記事を見る





カテゴリー: 全体記事 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク