Galaxy S10/S10+/S10E最新情報!日本発売日,価格(値段),スペック


<<最新記事を紹介します!(随時更新)>>(記事本文は下)

MVNO(格安SIM)キャンペーンまとめ!(随時更新)

iPhone 5Gはいつでる?発売日,予想,最新情報まとめ!

次のiPhoneはいつでる?発売日,予想,最新情報まとめ!

フォルダブルスマートフォン端末情報

フォルダブルスマートフォンとは?

世界一のスマホカメラは!?最新スマホカメラランキング!

紹介します!今一番お得な格安スマホはズバリ!?

格安SIM/MVNOとは!?通信費用を半端なく節約する方法

ソフトバンクへ乗り換える前に(必ず)ご覧ください

Galaxy Fold vs Huawei Mate X比較!フォルダブルスマホ対決!

Galaxy S10E vs iPhone XR比較!違いは?

Galaxy S10+ vs iPhone XS Max比較!違いは?

Galaxy S10+ vs Galaxy Note 9比較!違いは?

Galaxy S10 vs Galaxy S9比較!違いは?

Galaxy S10 vs iPhone XS比較!違いは?

Galaxy S10 5Gを待ってみるのもいいかもしれない

Galaxy S10/S10+/S10Eの予想外だったかなり魅力的な特徴

Galaxy S10 vs S10+ vs S10E比較!違いは?買うならどっち?

Galaxy S10 5Gの全て!発売日,価格,スペックなど最新情報まとめ(随時更新)

Galaxy Foldの全て!発売日,価格,スペックなど最新情報まとめ(随時更新)

Galaxy S10/S10+/S10Eの全て!発売日,価格,スペックなど最新情報まとめ(随時更新)

iPhone SE2特集:発売日,価格,サイズなど最新情報まとめ

Surface Go/Pro 6/Studio 2/Laptop 2/Book 2比較,違い,価格,おすすめは?



*スポンサードリンク*





*******************************************************************
ここから本文です。



 

Samsung Galaxy S10/S10+/S10E(サムスン・ギャラクシーS10/S10+/S10E)が
ついに公開されました。これから日本発売日(発売時期)、
スペック(仕様)、価格(値段)などの最新情報を
まとめていきたいと思います。
同時に発表されたGalaxy Fold(ギャラクシーフォルド)の方は
こちらで最新情報を扱っています。
(この記事は新しい情報が入り次第、随時内容が追加・更新されます。)

 

 

 

公式紹介映像。テレビCMはこちら

 

 

 


Galaxy S10 3機種&Galaxy Fold発表6分バージョン。フル映像はこちら

 

 

 

イベント会場で実機動画。そしてもうハンズオン動画が!(12)開封(12

 

 

 

まずはスペック(仕様)から。

 

 

 

Galaxy S10(ギャラクシーS10)
CPU:Snapdragon 855(もしくは地域によってExynos 9820)
メモリ:8GB(LPDDR4X)
基本ストレージ:128GB/512GB
外部ストレージ:マイクロSDカードで最大512GB
ディスプレイサイズ:6.1インチ型有機EL
解像度:1440*3040ドット
背面カメラ:16MP(F/2.2)、12MP(F/1.5-F/2.4)、12MP(F/2.4)
前面カメラ:10MP(F/1.9)
SIM:Nano Sim 2スロット(そのうち1つがマイクロSDカードスロット兼)
無線WI-FI:IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth:ブルートゥース5.0
NFC:搭載
防水・防塵:IP68
認証:画面内指紋認証(超音波式)、顔認証
外部端子:USB TYPE-C
バッテリー容量:3400mAh
OS:Android 9.0(アンドロイド9.0)
サイズ:149.9*70.4*7.8mm
重さ(重量・質量):157g
カラーバリエーション:プリズムグリーン、プリズムホワイト、
プリズムブラック、プリズムブルー

 

 

 

Galaxy S10+(ギャラクシーS10プラス)
CPU:Snapdragon 855(もしくは地域によってExynos 9820)
メモリ:8GB/12GB(LPDDR4X)
基本ストレージ:128GB/512GB/1TB
外部ストレージ:マイクロSDカードで最大512GB
ディスプレイサイズ:6.4インチ型有機EL
解像度:1440*3040ドット
背面カメラ:16MP(F/2.2)、12MP(F/1.5-F/2.4)、12MP(F/2.4)
前面カメラ:10MP(F/1.9)、深度計測用10MP(深度センサについて詳しくはこちら
SIM:Nano Sim 2スロット(そのうち1つがマイクロSDカードスロット兼)
無線WI-FI:IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth:ブルートゥース5.0
NFC:搭載
防水・防塵:IP68
認証:画面内指紋認証(超音波式)、顔認証
外部端子:USB TYPE-C
バッテリー容量:4100mAh
OS:Android 9.0(アンドロイド9.0)
サイズ:157.6*74.1*7.8mm
重さ(重量・質量):175g
カラーバリエーション:プリズムグリーン、プリズムホワイト、
プリズムブラック、プリズムブルー、セラミックブラック、
セラミックホワイト

 

 

 

Galaxy S10E(ギャラクシーS10E)
CPU:Snapdragon 855(もしくは地域によってExynos 9820)
メモリ:6GB/8GB(LPDDR4X)
基本ストレージ:128GB/256GB
外部ストレージ:マイクロSDカードで最大512GB
ディスプレイサイズ:5.8インチ型有機EL
解像度:1080*2280ドット
背面カメラ:16MP(F/2.2)、12MP(F/1.5-F/2.4)
前面カメラ:10MP(F/1.9)
SIM:Nano Sim 2スロット(そのうち1つがマイクロSDカードスロット兼)
無線WI-FI:IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth:ブルートゥース5.0
NFC:搭載
防水・防塵:IP68
認証:電源ボタン式指紋認証、顔認証
外部端子:USB TYPE-C
バッテリー容量:3100mAh
OS:Android 9.0(アンドロイド9.0)
サイズ:142.2*69.9*7.9mm
重さ(重量・質量):150g
カラーバリエーション:プリズムグリーン、プリズムホワイト、
プリズムブラック、プリズムブルー、Canary Yellow(かなりイエロ~?)

 

 

 

また、Samsung(サムスン電子)は5Gに対応した
「Galaxy S10 5G」も別モデルとして用意していると
発表しましたが発売時期は未定で、画面サイズが6.7インチ、
初の3Dカメラを搭載、4500mAh容量バッテリーを
内蔵することだけが明かされています。

「Galaxy S10 5G」の最新情報はこちらからお伝えします。

 

 

 

***

 

 

 

Galaxy Unpacked公開イベントで初めに登場したのは
意外にもGalaxy Fold(ギャラクシーフォルド)でした。
その後Galaxy S10シリーズの新ラインナップ3機種が
登場しました。Galaxy S10(ギャラクシーS10)、
Galaxy S10+(ギャラクシーS10プラス)、
Galaxy S10E(ギャラクシーS10E)です。
現れた新型ギャラクシー三兄弟を見て
筆者が思ったのは・・・
「やっぱ予想と同じやん!」でした。
流出された噂や今までまとめた予想記事と
全く変わらなかったですね・・・。
ま、世界各国で既に生産が始まってますし、
限定生産のGalaxy Foldと違って数千万台を
売ろうとしてるんですから、発売まで
機密を守るのはほぼ不可能に近かったのでしょうけど。

 

 

 

噂されていた通り、Infinity-Oディスプレイデザインが
採用され、リバース無線充電機能が搭載され、
画面内指紋認証センサーが内蔵されました。
CPUは地域によってスナドラ855(Snapdragon 855)か
Exynos 9820(エクシノす9820)ですし、
小型版であるGalaxy S10Eもちゃんと姿を表しました。
ちなみにここで「E」は「Essensial(必須の,
非常に重要な)」のEだそうです。
Galaxy S10EはAppleのiPhone XRのような
位置づけになるようです。だから値段も他の2端末よりは
安く設定されています。

 

 

 

ギャラクシーS10/S10+/S10Eの発売はグローバル展開で
2月21日から予約注文を受け付け、3月8日から
配送・販売が始まります。既に米国通信キャリアでは
リリースが決まっていますが、日本ではまだ何も
決まっていないようですし、日本発売日もまだ不明です。
いつも通り、じっくり待ってれば夏辺りには多分、
Docomo(ドコモ)とauでリリースされるのでは?
価格は128GBモデルがGalaxy S10は899ドル(日本円で約10万円)、
Galaxy S10+は999ドル(約11万円)、
Galaxy S10Eは749ドル(約8万3千円)となっています。

アップデートEtorenでGalaxy S10/S10+/S10Eの販売が始まりました!

 

 

 

デザインはギャラクシーS10とギャラクシーS10プラスが
ほぼ同じデザインを共有しており、サムスンはそれを
Infinity-Oデザインと呼んでいるようです。
パネルはカーブ有機ELパネルで、Gorilla Glass 6が
貼られているのとトリプル背面カメラが搭載されているのも
一緒です。
ベゼルは非常にスリムで、アスペクト比は19:9、
HDR10+に対応します。輝度は共に1200nitsに及び
業界最高クラスと言えます。
ただ、画面サイズはGalaxy S10が6.1インチ、
Galaxy S10 Plusが6.4インチでS10+が3機種の中で
一番大きいです。

 

 

 

前面(イン)カメラもやや違って、S10+が
デュアル、S10はシングルです。
だからディスプレイ右上部の穴もS10は1つ、
S10+は2つ空いています。
また、数多くの専門家が予想していた通り、
画面内に指紋認証センサーが埋め込まれました。
便利性が高まったと言えますし、超音波式なので
大変迅速に動作すると思われます。

 

 

 

3機種ともパックパネルはガラス製で無線充電を
サポートします。さらにHuawei Mate 20 Proに搭載され
話題になったリバース方式の逆無線充電が
ギャラクシーS10シリーズにも採用されました。
ギャラクシーだけでなくアイフォンまでもくっつけると
充電できますし、Galaxy Budsのようなアクセサリーも
背面に載せて充電が可能とのことです。

 

 

 

Galaxy S10E(ギャラクシーS10E)の場合は
他の2機種よりも若干小ぶりで5.8インチの
平面(フラット)有機ELパネルディスプレイを
装備しています。解像度はフルHD(2280*1440ドット)で、
HDR10+をサポートします。超音波式画面内指紋スキャナーは
ありません。その代わり側面の電源ボタンに内蔵された
指紋認証センサーを利用することとなるでしょう。

 

 

 

CPUは新型ギャラクシー3端末とも発売地域によって
Snapdragon 855(スナップドラゴン855、通称スナドラ855)か
もしくはExynos 9820(エクシノス9820)が内蔵されます。
日本の場合は・・今までの履歴を見ると、多分
スナドラでしょうね。S8もS9もそうでした。
メモリとストレージは
Galaxy S10Eが6/128GB、8/256GBモデルを、
Galaxy S10が8/128GB、8/512GBモデルを、
Galaxy S10+が8/128GB、8/512GB、12GB/1TBモデルを
提供します。12GB/1TBって、おい・・。
普通にガジェット博士のパソコンよりいいじゃないか!
それにマイクロSDカードで容量を512GBまで拡張できるし・・・。
ガーーーン。

 

 

 

カメラはギャラクシーS10/S10+の場合、同じくアウトカメラが
1600万画素超広角レンズ(F/2.2)、
1200万画素広角レンズ(F/1.5-F/2.4・デュアルアパチャー)、
1200万画素望遠レンズ(F/2.4)で、
ギャラクシーS10Eの場合このうち1200万画素望遠レンズが
省かれます。
ギャラクシーS10のインカメラは1000万画素(F/1.9)シングル、
S10Eも同じで、S10+だけ800万画素(F/2.2)深度計測用カメラが
追加されてデュアル構成です。
AR絵文字やライブフォーカス機能などが提供され、
インカメラまでも4K動画録画が可能になりました。

 

 

 

バッテリー容量は
Galaxy S10が3400mAh、
Galaxy S10Eが3100mAh、
Galaxy S10+が4100mAhです。
高速無線充電2.0をサポートし、
3機種とも最新アンドロイド9.0パイ
(Android 9.0 Pie)をベースとしたOne UIを
基本運営システムとしています。
カラバリは基本プリズムホワイト、プリズムブラック、
プリズムグリーン、プリズムブルーの4色で、
ここからS10EはCanary Yellow(かなりイエロ~?)、
S10+はセラミックホワイト、セラミックブラックが
追加されます。

 

 

 

また最新情報が入り次第、お伝えしましょう。

 

 

 

***

 

 

 

Galaxy S10とS10+、S10Eを比べてみました!
違いは何なのでしょう?購入するならどっちを?
こちらをどうぞ。

 

 

 

***

 

 

 

サムスンがGalaxy Unpacked公開イベントの日まで
隠し通した、ガジェット博士には予想外だった
Galaxy S10/S10+/S10Eのかなり魅力的な特徴とは?
こちらをどうぞ。

 

 

 

***

 

 

 

Galaxy S10のBixbyボタンで他の機能が使える!?

 

 

 

2017年Galaxy S8から導入されたBixbyボタンは
Bixbyアプリ実行にのみ使えたため、多くの
ユーザーに邪魔者扱いされてきました。
Bixbyはアレクサやグーグルアシスタント、シリのような
他メーカーのAIアシスタントに太刀打ちできていない
状況であり、Bixbyを利用するユーザーは世界中にそう多くは
いないように見えます。よって全く歓迎されず、
不必要な存在となったBixbyボタンですが、
Galaxy S10発表と共についに必要な存在になるといいます。
新しいOne UI(&Android Pie)から
Bixby専用ボタンの一部機能を他の機能・アプリに割り当てることが
できるようになったからです。ようやくユーザーはBixbyボタンを
一回、もしくは2回押すことで他のアプリを実行できるように
なったわけです。ただ、ボタンを長く押すとBixby Voiceが
実行されるのは現時点では変えられないといいます。
現在この変化はGalaxy S9やGalaxy Note 9には現れておらず、
S8やNote 8を含め、今後アップデートを通して
可能になる見通しです。

 

 

 

***

 

 

 

通知LEDセンサー、なくなる。

 

 

 

ギャラクシーS10から通知LEDセンサーの姿が
見えなくなりました。
メディアの報道によると、その理由はシンプルで
Infinity-Oディスプレイの採用により、スペースが
なくなったからだといいます。
他のセンサーは皆残っていますが、ユーザーは
通知を即座に確認ためにこれからはAOD(ALWAYS ON DISPLAY)
ONにする必要がありそうです。
もしくは画面を押せば30秒間画面に通知などが
表示される機能がOne UIにあるそうですが、
それを利用するという手もあります。

 

 

 

***

 

 

 

Galaxy S10には目に悪い影響を及ぼすと言われている
ブルーライトをカットするOLED有機ELパネルが
装備されているといいます。一般LCDパネルと比べると
ブルーライトが半分以下だそうです。

 

 

 

***

 

 

 

虹彩認証もなくなる

 

 

 

虹彩認証機能は2016年Galaxy Note 7に導入され以降、
今までGalaxy Sシリーズとノートシリーズに
搭載され続けてきたわけですが、これがGalaxy S10で
途絶えることになりました。その代わり顔認証と
超音波式指紋認証センサーが採用されています。
その理由はとてもシンプル。サムスンのコ・ドンジン社長によると、
「使う人が少なくなったから」だと。
「より発達した技術である超音波式指紋認証の導入により
虹彩認証に固執する必要はなくなったと判断した。」そうです。

 

 

 

***

 

 

 

Galaxy S10シリーズは既存ギアVRと互換

 

 

 

公開イベントでGear VRについては何の言及も
ありませんでしたが、VR専門メディア、Road to VRの報道によると、
ギャラクシーS10シリーズ(S10E、S10、S10+、S10 5G)は
全て2017年に発売されたSM-R324モデルと互換するといいます。
また、今後販売されるパッケージにはギャラクシーS10サイズに
合うアダプタが同梱されるみたいです。

 

 

 

***

 

 

 

サムスン専門メディア、Sammobileによると、
Galaxy S10のワイヤレスリバース充電には
(正式名称は「ワイヤレスパワーシェア」のようです。)
少なくとも30%以上の残量が必要だそうです。
30%以下の場合は他端末を充電できないといいます。
「バッテリー残量を30%以上に上げよ!」
というメッセージが表示されるそうです。(リンク
また、これは当然といえば当然かもしれませんが、
他端末を充電するとGalaxy S10のバッテリーの減り具合が
凄まじいといいます。

 

 

 

***

 

 

 

オランダとベルギーでGalaxy Edition 10週年記念パッケージ発売

 

 

 

オランドとベルギーの消費者はかなりお得なパッケージを
購入することができるといいます。セラミック素材の
12TB/1TBギャラクシーS10プラスと46mmのGalaxy Watch、
そしてGalaxy Budsが入った10週年記念Galaxy Editionパッケージを
1599ユーロ(約20万円)で購入できるそうです。

 

 

 

 

 

 

まぁ、Galaxy WatchとGalaxy Budsはタダ、
ということなんでしょうけどそれでも20万円は高いっすね~。

 

 

 

***

 

 

 

Galaxy S10 Plusがカメラ専門レビューサイト、DxOMarkテストで一位をマーク

 

 

 

カメラを専門に扱う有名レビューサイト、
DxOMarkでテストを行った結果、Galaxy S10+は
計109点をマーク(写真114/動画97)、
スマートフォンのアウトカメラの中では
最高記録をマークしました。(リンク
今まで計109点を記録したスマートフォンは
トリプルカメラを装備したHuawei Mate 20 Pro
P20 Proだけです。AppleのiPhone XS Maxは105点、
Galaxy Note 9は103点でした。
DxOMarkは「殆どの環境でギャラクシーS10プラスは
正確なホワイトバランスと色合いを見せており、
暗所でもノイズが少なくリアルなボケ効果を提供する。
しかし細かい部分のディテール再現が欠けており、
屋外で撮った時鮮明度が落ちるときがある。」と評価しました。
また、ギャラクシーS10+は自撮り部門でも
96点を記録、1位になっています。
その前までは92点のGoogle Pixel 3Galaxy Note 9
共同で一位でした。

 

 

 

***

 

 

 

スマホ専門メディア、PhoneArenaが
24時間Galaxy S10+カメラを扱ってみた感想を述べました。(リンク
まとめますと・・・。

 

 

 

・Galaxy S10+のトリプルカメラは使い勝手が良い(かもしれない)。
トリプルカメラがあれば初心者でもプロの写真家でも
当然役に立つ。望遠レンズと超広角レンズはメインレンズと
比べると暗所での性能が劣るが、特定の状況では結構使える。
この点はメインと望遠のみ搭載しているGalaxy Note 9や
iPhone XSより優位。LGの最上位モデルであるV40がそれとほぼ
同じトリプルカメラ構成を持っているため、使い勝手という面から
見るとそれと同じ感じ。

 

 

 

・Live Focusの人物写真が必ずしも優れているようには見えない。
Galaxy S10+のライブフォーカス機能は望遠レンズの代わり
メインレンズを使用する。しかし人物撮影には望遠の方が
適しているように見える。画角が狭いため被写体により
集中できる。専門家でなければその差に気づくことは
少ないだろうか、確かに違いはある。

 

 

 

・色合いは生々しく明るいが彩度が高すぎる感が。
・全般的なクオリティは優れているが劇的な改善はない。
一日ギャラクシーS10+のカメラをテストしてみた結果、
撮った写真らはかっこよかったと言えなくないが、
Note 9やiPhone XS Maxを持っている人がそれらを見て
驚くとは思えない。写真の露出や細かな表現は
それらと同レベルのクオリティと考えられる。
ただ、単純なISP(画像処理ソフト)の違いかもしれないが、
DR(ダイナミックレンジ)の範囲はGalaxy Note 9に比べ、
改善されたかのように見える。

 

 

 

・Galaxy S10+対iPhone、Note 9、V40
結論を出す前にもうちょっとカメラテストをする必要は
あるだろうが、ギャラクシーS10+のカメラ性能は非常に
優秀と言って良いだろう。しかしライバル製品と比べ、
遥かに素晴らしい画質を提供するとは言えない。
S10+の長所はその多彩さ。トリプルカメラで色んなことが
できるということだ。

 

 

 

さらにその後、iPhone XS、Pixel 3、OnePlus 6Tとインカメラで
撮った自撮り画像を比較しています。(こちら
・・・・・・・・個人的にはPixel 3が一番のような・・・。

 

 

 

***

 

 

 

また、PhoneArenaはGalaxy S10 Plusの
ベンチマーク結果も公開しました。(こちら
予想通り、アンドロイドでは最高記録です。
多分、アンドロイドでは一番速いスマホなのでしょう。
iPhone XSにはかなわなかったようですが。
(てかなにこの差は!?これでも差が前より
縮んだというんだからApple A12チップは怖い)
勿論、前作であるS9やNote 9よりは確かに向上しています。
おや?それにしても、「格安スマホ比較・お得なのは?」記事で
紹介したOnePlus 6Tがカメラでもベンチマークでも大奮闘してますね。
ほほぉん~凄い凄い。褒めて差し上げますわ!

 

 

 

***

 

 

 

Bixbyのキー再構成、以前のモデルにも適用可能に

 

 

 

Samsungが今回Galaxy S10のソフトウェアアップデートを
通して紹介したBixbyキーの再構成機能を
Galaxy S8、S9、Note 9のような既存フラグシップモデルにも
適用するといいます。(参考動画

 

 

 

***

 

 

 

ギャラクシーS10は頑丈、しかし指紋認証スキャナーに不安あり

 

 

 

ギャラクシーS10の筐体が脆いのでは?という
心配は要らなさそうです。モバイルデバイスを
破壊することで有名なユーチューバー、
JerryRigEverythingがギャラクシーS10を
試してみました。そして以前のフラグシップ製品と
同様、頑丈であるという判断を下しました。

動画リンク/指紋認証については4:20から)

しかし超音波式指紋認証センサーは注意が必要そうです。
画面の底に内蔵されているからです。
画面のパネルが壊れれば、指紋認証も使えなくなる可能性が
高いです。勿論、一般的な傷などは大丈夫ですが、
硬い地面などに落としたら壊れる恐れがあります。

 

 

 

***

 

 

 

Galaxy S10のBright Nightカメラ機能は期待以下

 

 

 

米ITメディア、SammobileはSamsungのBright Nightカメラ機能に
ついて否定的な見解を述べました。期待以下だそうです。(記事 /サンプルリンク
2つの短所があるといいます。1つは使いたい時使えないこと。
Bright Nightカメラ機能はScene Optimizer(シーン最適化)
機能の拡張機能であり、本当に暗い場所でのみ
起動するといいます。
必要だと感じた時にオンに出来ないし、
オフにするときも最適化機能を通してする必要があります。
フラッシュを使っても利用できないです。
2つ目は技術力がまだであること。
グーグルの夜景モードがAI(人工知能技術)を使うのに対し、
Samsungのブライトナイト機能はただ露出値を利用、
複数の画像を撮った後に合成させ、より明るい画像を
作るだけだといいます。
グーグルやファーウェイは暗所で撮った写真を
人工知能で補正し、改善するわけですが、
サムスンはそうではないとのことです。
従ってGalaxy S10のBright Nightモードは暗い場所で
フラッシュを使いたくないときは有用だけど、
それだけ、という評価をSammobileは下しました。

 

 

 

人工知能といえばグーグル、そしてそれを追いかける
ファーウェイなんですかね・・。

 

 

 

***

 

 

 

Galaxy S10にMcAfee Vaccineソフト基本搭載

 

 

 

McAfeeがMWC2019でSamsungとのパートナーシップを
延長したと発表しました。(記事全文
Galaxy S10以前のサムスンデバイスには
「McAfee VirusScan」機能が搭載されていましたが、
利用するために設定に入ってONにする必要がありました。
しかしGalaxy S10からはユーザーに許可を得ず、
(勝手に・・)「McAfee VirusScan」機能を起動します。
また、SamsungはセキュリティWI-FI機能も
サービスする予定だと明かしました。
このサービスは保護されていないWI-FI
ネットワークの一部重要な情報を暗号化します。

 

 

 

***

 

 

 

Galaxy S10解体、USB-Cポートとメインボードが
溶接されていることが判明

 

 

 

有名ユーチューバー、JerryRigEverythingが
ギャラクシーS10を解体、USB-C端子と
メインボードが溶接されていることが
わかりました。(動画
よってUSB-Cポートが壊れた場合、
メインボードを交換する必要があります。
超音波式指紋認証センサーもそんな形で、
ディスプレイに損傷を与えず指紋認証センサーへの
接近は不可能となっています。従って
指紋認証センサーが壊れた場合も、ディスプレイもろとも
交換する必要があるといいます。

 

 

 

***

 

 

 

ギャラクシーS10プラスのバッテリーテスト結果

 

 

 

IT専門メディア、PhoneArenaは2週間ほど
Galaxy S10+を使用してみた結果、バッテリー性能は
悪くはなかったけど期待していた程でも
なかったという結論を出しました。
PhoneArenaが実験に用いたのはExynosモデルで
おそらく日本で発売されると思われるスナドラ版と違いますし、
スナドラ版の方がバッテリー持続時間が良いという
評価がありますが、とにかく4100mAh容量が
搭載されていることを考えると、
期待以下だといいます。
ヘビーに使うと一日は大丈夫だといいます。
寝る前くらいに警告が表示されるはずだと。
ライトユーザーなら一日半。
悪くはないけど凄いバッテリー性能とは言えないそうです。
同じバッテリーテストでiPhone XS Maxが9時間34分、
Galaxy Note 9が8時間56分、Galaxy S10+が7時間59分でした。
しかし同時に測った充電時間は100%になるまで
S10+は100分ということでiPhone XS Maxの209分や
Galaxy Note 9の109分より速かったです。
Galaxy箱に収納されているのは15Wの高速充電器。
HuaweiやOnePlusなどのメーカーが提供する
充電速度よりは遅いですが、アイフォンよりは遥かに速いです。
iPhoneの場合、同梱されているのは5W基本充電器で、
そのお陰で比較的(相当)遅いのがわかります。
原文記事と図表はこちらをどうぞ。

 

 

 

Galaxy S10+ vs iPhone XS Max比較記事に関連動画を
紹介しましたが、ちょっと結論が違ったりします。
そちらも参考にどうぞ。

 

 

 

***

 

 

 

iFixitがGalaxy S10+を解体しました。(記事動画
そして修理の容易性を3点と評価し、
接着剤が使われてる所が多く、充電ポートが
メインボードに溶接でくっついており、
バッテリー交換も非常に難しいという結論を出しました。

 

 

 

***

 

 

 

Galaxy S10の初期生産モデルがなぜか箱が空いたまま配送される

 

 

 

米コミュニティサイト、RedditにギャラクシーS10を先に
予約注文して購入したユーザーから箱がなぜか
空いていたという報告がありました。
殆どの場合、中身には問題がなかったようですが、
高価の新製品スマホなのにこのような状態で配送されたことに
ついて、受け取ったユーザーは怒っているといいます。
これは特定のモデルだけの問題ではないようで、
米国では通信社のキャリアモデルだけでなく、
SIMフリーモデルにまでもこのような問題が発生したそうです。
尚、一部ユーザーの間ではアクセサリーだけ入っていたという
ケースもあります。箱のどこにも封印テープなどの
姿は見当たらなかったそうです。
これは一体どういうことなのか、なんでこのようなことが
起きたのかについては色々な推測がありますが、
サムソンは今までそれについて何のコメントもしていません。

 

 

 

聞く話によると、アメリカの配達システムには問題が多く、
アイフォンなどの高価スマホが配送過程で
なくなったり、盗まれたりすることも多いようですが、
箱が開いてるだけ、という点は奇妙ですね・・・。
何があったのでしょう?

 

 

 

***

 

 

 

ギャラクシーS10に白い点が現れる!?

 

 

 

一部ギャラクシーS10/S10+ユーザーから
通話中に白い点がちらちらするという
報告がありました。(動画
しかし海外メディアの報道によると、
これは欠陥ではなく正常なことで、
ディスプレイの底にある近接センサーが
動作している様子だといいます。

 

 

 

ピカピカピカ~~~~~~~~~ピカチュウ~~~!!

 

 

 

***

 

 

 






*スポンサードリンク*







最新記事

Galaxy Harajukuが日本東京に登場

Galaxy Fold vs Huawei Mate X比較!フォルダブルスマホ対決!

Galaxy S10E vs iPhone XR比較!違いは?

Galaxy S10+ vs iPhone XS Max比較!違いは?

Galaxy S10+ vs Galaxy Note 9比較!違いは?

Galaxy S10 vs Galaxy S9比較!違いは?

Galaxy S10 vs iPhone XS比較!違いは?

Galaxy S10 5Gを待ってみるのもいいかもしれない

Galaxy S10/S10+/S10Eの予想外だったかなり魅力的な特徴

Galaxy S10 vs S10+ vs S10E比較!違いは?買うならどっち?

Galaxy S10 5Gの全て!発売日,価格,スペックなど最新情報まとめ(随時更新)

Galaxy Foldの全て!発売日,価格,スペックなど最新情報まとめ(随時更新)

Galaxy S10/S10+/S10Eの全て!発売日,価格,スペックなど最新情報まとめ(随時更新)

全体記事を見る





ガジェット記事まとめ

MVNO(格安SIM)キャンペーンまとめ!(随時更新)

ソフトバンクへの乗り換えでキャッシュバックをもりもり!

iPhone 5Gはいつでる?発売日,予想,最新情報まとめ!

次のiPhoneはいつでる?発売日,予想,最新情報まとめ!

フォルダブルスマートフォン端末情報

フォルダブルスマートフォンとは?

Galaxy Fold vs Huawei Mate X比較!フォルダブルスマホ対決!

Galaxy S10E vs iPhone XR比較!違いは?

Galaxy S10+ vs iPhone XS Max比較!違いは?

Galaxy S10+ vs Galaxy Note 9比較!違いは?

Galaxy S10 vs Galaxy S9比較!違いは?

Galaxy S10 vs iPhone XS比較!違いは?

Galaxy S10 5Gを待ってみるのもいいかもしれない

Galaxy S10/S10+/S10Eの予想外だったかなり魅力的な特徴

Galaxy S10 vs S10+ vs S10E比較!違いは?買うならどっち?

Galaxy S10 5Gの全て!発売日,価格,スペックなど最新情報まとめ(随時更新)

Galaxy Foldの全て!発売日,価格,スペックなど最新情報まとめ(随時更新)

Galaxy S10/S10+/S10Eの全て!発売日,価格,スペックなど最新情報まとめ(随時更新)

世界一のスマホカメラは!?最新スマホカメラランキング!(2/2)

世界一のスマホカメラは!?最新スマホカメラランキング!(1/2)

紹介します!今一番お得な格安スマホはズバリ!?

iPhone SE2特集(2/2):本当に出るのか?その可能性と予想、噂まとめ

iPhone SE2特集(1/2):発売日,価格,サイズなど最新情報まとめ

Surface Go/Pro 6/Studio 2/Laptop 2/Book 2比較,違い,価格,おすすめは?

Surface Studio 2対Surface Studio 1比較:アップグレードは確かだけど

Surface Studio 2対iMac(2017)比較:All-In-Oneデバイスのキングは?

Surface Studio 2対iMac Pro比較:50万円対決(あくまで基本価格・・)

Surface Studio 2レビュー:2つの罠、2年前のあれをまさか

Xperia XZ4:日本で最も期待されているアンドロイドスマホ

Zenfone 6:ゼンフォン6は再びMVNOを制覇するか?

Lenovo Z5 Pro GT:え、このスペックでこの価格?!ふざけてる!良い意味で。

Apple AirPower(エアーパワー)とは?一体何が起きた!?

Pixel 3 Lite:Googleの究極格安スマホ

新型iPad Mini 5:ミニはまだ生きてるよ!(多分)

Huawei Honor V20:期待のミドルレンジ型スマホ

新型iPad Pro(2019)はこんなんである。

Huawei Mate 20 Xレビュー:史上最「巨」!?

Huawei P30 Pro:日本で最も愛される格安スマホ?

Huawei Nova 4:スクリーンに穴が空いている!?

Huawei Mate 20 Proレビュー:2018年最高スマホ

Pixel 4:次のGoogleスマホはどんなん!?

Pixel 3対Pixel 3 XL対Galaxy S9対Galaxy S9 Plus比較:違いは?

Pixel 3対Pixel 3 XL対iPhone XS対iPhone XS Max比較:違いは?

Pixel 3/Pixel 3 XLレビュー:性能は最強やけど・・・

Galaxy Note 10(X):ギャラクシーノート10周年の記念作は?

Surface Book 3の発売日,価格,スペック,最新情報

Surface Laptop 2レビュー:SEXY!

Surface Pro 6レビュー:地球上にこれ以上の

Surface Pro 6対Surface Pro 5(2017)比較:違いは何?

Surface Pro 6対Surface Laptop 2対Surface Book 2比較:違いは何?

iPhone XR対iPhone 8対iPhone 8 Plus比較:違いは?

iPhone XS対iPhone X比較:違いは何?

iPhone XS対Galaxy S9比較:違いは何?どっちがいい?

iPhone XS対iPhone XS Max対iPhone XR比較:違いは?どっちがいい?

Galaxy Note 9対iPhone XS Max比較:違いは何?どっちがいい?

Galaxy Note 9対Galaxy S9 Plus比較:違いは?どっちがいい?

Galaxy Note 9対Galaxy Note 8比較:違いは何?どっちがいい?

Galaxy Note 9レビュー:業界トップクラス

Apple Watch Series 4の全て!価格(値段),スペック(仕様),最新情報

iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRの全て!価格,スペック,最新情報

Surface Go VS iPad 9.7 2018比較

Surface Go VS Surface Pro比較

Surface Goレビュー:遠くにはいけないよ~

Surface Book 2レビュー:現最高のWindows機だけど・・

新型Surface Pro(2017) vs Surface Laptop vs Surface Book比較:違いは?

Galaxy Note 9発表!発売日,価格,スペック,最新情報等

Galaxy S9&S9 Plusの全て!発売日,価格,スペックなど最新情報まとめ!

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

Surface Laptop:至急切り替えよ!

Surface Studio vs iMac 5K(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

Surface Studio:欲しい!超欲しい!けど・・

新型Surface Pro(2017) vs iPad Pro(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

新型Surface Pro(2017) vs Surface Pro 4比較:違いは何!?

新型Surface Pro(2017):気軽にはおすすめできない

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

LG G6:基本に戻って

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

全体記事を見る





カテゴリー: 全体記事 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク